相続登記は司法書士に任せ、きちんとしましょう

近親者が他界しその方が所有する建物や土地の名義を変更することを相続登記といい、これをきちんとしておかないと、いざその土地を売ろうとしても売ることができなくなります。
土地を売るにはその土地が確かに売り主のものであるかを証明する必要があります。
その土地を確かに相続していても、そのことを証明する書類(登記簿謄本)がなければ土地を売ることはできません。
相続登記をせずに長い間そのままにしておくと、相続人が変わったり増えたりし、名義の変更が難しくなりますし、不動産を他人によって勝手に売却される恐れもあります。
面倒そうですが、不動産を相続した時には、なるべく早く相続登記をしましょう。
登記の窓口は不動産の所在地を管轄する法務局で、住民票、印鑑証明、戸籍謄本などの書類が必要となりますが、専門の司法書士に相談・依頼すると必要な書類収集、作成をサポートしてくれます。
法律的な知識も必要なので、専門家に任せましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eccelmotors.com/mt/mt-tb.cgi/4

コメントする

最近のブログ記事