2013年12月アーカイブ

身内の方に不幸があった場合、色々な相続が発生しますが、特に手続きが面倒なのが、家や土地などの不動産を持った方が亡くなった場合の不動産の所有権を移転させるための相続登記です。
手続きとしては、戸籍謄本などの相続の証明に必要な書類を集めたり、相続人を調べたり、遺産分割協議書を作ったりといったものですが、それ以外にも様々なケースがあり、それによって進め方も違うので法律の知識が必要になります。
また、相続する人が多い場合や遺言などでもめた場合など不動産となると多額の遺産になるので、親戚の間でトラブルになることも少なくありません。
勿論自分で手続きをする事もできるものですが、手続きに時間と労力がかかりますし、それをしたうえで親戚でいさかいが起きたりと何かと面倒な面も多いのが現実。
そういった時は間にワンクッションを置けるようにその道のプロである司法書士の方に相談してみたり、手続きの代行をお願いするなど助けを借りて行うこともできるので、トラブル回避にそちらも良いかと思います。

相続登記とは不動産の名義変更手続きのことを言います。
不動産を持っていた人が亡くなり、譲り受ける場合に名義変更をすることになるのが相続登記です。
ちゃんと名義変更をしておかないと、後々のトラブルに発生する可能性があります。
相続した不動産を売る場合に必要となるものです。
そのままにしておくと、売却できないばかりか第3者に勝手に不動産を売られたりする可能性も起こってしまいます。
時間が立つほどトラブルの種が増えていきますので、なるべく早くに相続登記をしておくことが大事です。
しかし登記の手続きをするのには多くの書類を集めたりする必要があります。
さらに書類の作成など、普段し慣れない作業をすることになるので一苦労です。
法律分野の知識もいる場合もありますからもっと楽に進めるのであれば、
専門家にお任せしたほうが早くて正確に手続きが済ませられます。
わからないこと悩んでいる事がある場合も相談できますから、プロにサポートして貰うのがよいでしょう。