2013年11月アーカイブ

相続登記というのは、かなり骨が折れる作業ではありますが、自分で行えるものでもあります。
世の中には、司法書士や弁護士といった、代行してくれるプロも存在していますが、そういった資格が無くても戸籍を集めて、相続人として認められる人をしっかりと特定すると言う作業ですから、出来ないこともないです。
もちろん、ご自身で行えば、余計な費用が発生しません。
ただ、人間の人生と言うのはかなり複雑であり、身内でも知らなかった子供が存在していたとかそんな事実があるかもしれません。
さらに、核家族化が進んだ最近ならともかく、団塊世代やその上くらいの場合は、兄弟が多くなるので尚更複雑になります。
それだけではなく、不動産物件やその他の資産などでも、利権の関係であったり、所有形態が、単純ではないとなると、かなりの時間を費やしますし、もしあなたが忙しい生活を送っていると無理かもしれません。
相続登記を自分で行うか、プロに任せるかの分岐点は複雑さであると、認識しておくといいでしょう。

人が亡くなったとき、その悲しみや苦しみもいえぬうちに、いろいろな手続きが待っています。
現実社会の厳しさを思い知るときであるとも言えましょう。
特に面倒なのは相続関係、しかも土地に関する相続登記は非常に手間と時間がかかるものです。
しかも相続人は一人ではない場合が多く、預貯金のように按分したり誰かに渡したりなどは簡単にできるものではありません。
なおかつ手続きに関しては、その書類に専門的な用語、記述も多く、素人には難題であることがほとんどなのです。
だからといって、土地や家屋などの相続登記をせずに放っておいてはあとあとさらに面倒なことになるのです。
この例は数多くありますが、ここでは語りません。
それよりも、土地、建物の所有者が亡くなったらすみやかに手続きを済ませましょう。
素人で難しければ専門家に相談するのが常道ですね。
いったいどなたに相談すればいいのか?
弁護士でしょうか。
それも悪くはないのですが、弁護士の分野は幅広く、それぞれに専門があるでしょう。
相続登記に関することなら、その道のプロ中のプロ、司法書士にお願いするのが最も適切な対処の仕方なのです。