相続登記は司法書士さんを上手く使いましょう。

人が亡くなると、その人の残した物を後を継ぐ者たちでわけることに成ります。
それが相続の概念です。
相続をきっちりするということは、相続登記をきっちりするということ
になります。
例えば、住んでいる地区を管轄する法務局に不動産の名義が変わった事を届けることから初めて、色んな手続きをこなさなければなりません。
具体的には遺言の内容の公開、関係者の了解、相続放棄する者の有無、相続人の決定、遺産分割、相続税の決定・・・等と、負荷が莫大な作業が発生します。
手慣れた人でないとそれをこなすのは容易ではありません。
そんな場合に、司法書士に相談してみるのが 最も良い方法かと思います。
たいていの人が遺産相続というのは、最初であることが普通で、知らないことばかりです。
それを国税庁の相続登記の手順を見ながら、ゴリゴリしても手間がかかりますし、故人の遺産が多い場合、関係の親戚縁者との共通認識にを得る場合でも、権威ある第3者が介入する方が滑らかに、絶対に進むからです。
司法書士さんは、口コミあるいはネットで熱心にさがせば いい事務所が見つかります。

最近のブログ記事