2013年9月アーカイブ

家や土地といった不動産を誰かに譲る場合、家電製品などを譲るのとは違って複雑な手続きが必要になります。
もちろんそうした手続きを自分で行うことも可能なのですが、誤って書いてしまった箇所があったりすると手続きが遅れるばかりではなく無効になってしまう恐れもあります。
また自分で相続登記に関する知識がない場合には、法律に詳しい知人を頼ったり、専門書を何冊も購入しないといけません。
自分で行えそうに見えても、実際にはかなり大変な作業が待っています。
こうした煩わしい仕事を避けるためにも、相続登記に関する作業は司法書士の方にお任せするのが一番です。
なぜなら司法書士の方々は、法律に関するプロフェッショナルとして豊富な知識を備えているからです。
もちろん相続登記についても知識があるため、正しくかつ迅速に手続きをこなしてくれます。
また司法書士の方はこれまでにいくつもの相続に関わる作業を行ってきているため、条件の多く複雑な事例に関しても適切に判断してくれます。
悩んだ際に、きっと頼りになるはずです。

不動産の相続があった時に必要な登記を相続登記といいます。
登記簿には不動産の所有者やもろもろの権利などについて記載がされていますが、相続後に名義変更などの手続きをするのが相続登記です。
相続の登記は不動産だけで、預貯金などの財産や骨董品などは含まれません。
また登記を管轄するのは、その不動産の所在地を管轄する法務局です。

この登記の必要性についてですが、一番わかりやすいのが相続した不動産を売却するケースです。
土地や建物などの売却では、その物件の所有者が誰であるのかを公的に証明することが必要です。
よって相続した不動産について名義変更の手続きをしていないと売却をすることができません。
他にも、複数の人で相続をした後に相続人が死亡してその子供にも相続権が発生したりすると名義変更の手続きが煩雑になりますし、協議合意で遺産を分割したけれ後になって不満が生じ合意を取り消したりしても遺産を自由に売却できなくなってしまいます。
そういうわけで相続があったら速やかに登記簿の名義変更をしておきたいところなのですが、相続登記に必要な書類を作ったりそろえたりするのは法律の知識も必要になってきますので相続と法律のプロである司法書士に相談しながら進めるのが安心です。