相続登記について

遺産相続の際、多かれ少なかれトラブルが起きやすいのですが、特に土地の相続の場合だと、場合によってはお金のように配分できないということがあるので、トラブルが起きやすいようです。
それに名義が故人のままだといざというときに売り払うこともできませんし、そのままの名義だと悪意のある人間が売り払うこともあり得ます。
そうならないよう相続登記をきちんと行い、名義を相続人のものに変更したいものです。
相続登記は自分で手続きを行うことができます。
ただし、申請書自体はそれほど難しくはないのですが、被相続人が持っていた土地が本当に持っていたか確認できる証明書が必要です。
最近は郵送で送れますし、窓口で申請書の書き方を詳しく教えてくれます。
しかし、特に戸籍関連の書類は被相続人が生まれてから亡くなるまでの書類がすべて必要になるので、どうしても戸籍謄本や除籍謄本を調べる時間がない方は行政書士など信頼できる専門家に依頼することをお勧めします。

最近のブログ記事