2013年8月アーカイブ

親族が亡くなり、その後もめるのはお金や不動産がある場合の相続です。
自分達は、相続でもめる事はないと思っていても実際に相続になると、やはりいろいろなトラブルが発生します。
トラブルの一番の原因は、相続登記です。
相続登記は、すぐにする必要はありませんが、先送りにすると相続人同士が争う結果になる事も少なくありません。
将来相続でもめる事になったら大変ですから、早めに相続登記をしておく必要があります。
しかし、今まで知識が無かった相続に関して付け焼刃で相続の手続きをするのは、難しいものです。
我が家の場合に主人の父が亡くなり、相続の問題が出ましたが兄夫婦と相続でトラブルが起きてしまいました。
やはり、相続に関する問題は、専門家である司法書士の方に相談して手続きをしてもらった方が手続きもスムーズに行きますし、トラブルの原因にもなりません。
相続という、トラブルが起きやすい問題は、専門家に任せるのが一番だと義父の相続で感じました。

遺産相続の際、多かれ少なかれトラブルが起きやすいのですが、特に土地の相続の場合だと、場合によってはお金のように配分できないということがあるので、トラブルが起きやすいようです。
それに名義が故人のままだといざというときに売り払うこともできませんし、そのままの名義だと悪意のある人間が売り払うこともあり得ます。
そうならないよう相続登記をきちんと行い、名義を相続人のものに変更したいものです。
相続登記は自分で手続きを行うことができます。
ただし、申請書自体はそれほど難しくはないのですが、被相続人が持っていた土地が本当に持っていたか確認できる証明書が必要です。
最近は郵送で送れますし、窓口で申請書の書き方を詳しく教えてくれます。
しかし、特に戸籍関連の書類は被相続人が生まれてから亡くなるまでの書類がすべて必要になるので、どうしても戸籍謄本や除籍謄本を調べる時間がない方は行政書士など信頼できる専門家に依頼することをお勧めします。