相続登記は手早く進めていくことが肝心です

相続登記とは、被相続人が亡くなった時に発生する相続に際して、被相続人が所有していた建物や土地など不動産関連の財産の名義変更手続きのことを言います。
平たく言えば、これまでの持ち主がいなくなったため、新たな持ち主となる人へ名義を変更しておかなくてはならないということです。
なぜ相続登記が必要かということは、建物や土地を、もういなくなった人の名義のままにしておくことへの違和感からも理解できますが、実際問題として、土地や建物を売却すると決められるのは所有者であると法律によって定められていますので、所有者として法的に認められるためにも手続きが必要なのです。
被相続人から、土地や建物を相続したのが確かであったとしても、相続登記をして名義人を変更しておかなければ、正式にそれらの所有者であるということが認められません。
こうした事態になったときには、迅速に手続きを済ませておくことが、あとあと面倒な事態を引き起こさずに済むと言えます。

最近のブログ記事