2013年7月アーカイブ

遺産相続って面倒ですね。
お金や土地が入るのは嬉しいですが、手続きが大変です。
親しい人が亡くなってすぐにいろいろやらなければならない事が沢山あります。
例えば、相続登記で不動産名義変更手続きの事です。
遺産相続で、不動産を手に入れたらしなければいけない事ですが、不動産以外の貯蓄や、車、物などはしなくて良いそうです。
しかし、必ずしなければいけないという訳ではないらしいのです。
ただし手続きをしないと、不動産の売却が出来なかったり、相続人が変わったり、増えたり、減ったりと面倒になります。
万が一のトラブルを避けるためにも、早めに相続登記をする事をお勧めします。
不動産の管轄する法務局で出来るそうです。
必要な書類が沢山ありますので、一度確認したうえで手続きに出かける事をお勧めします。
解らない事があったら司法書士に相談するか、インターネットで検索するとサイトが出てたりします。
自分で出来るホームページなどもありますので、参考にしてみて下さい。

相続登記とは、被相続人が亡くなった時に発生する相続に際して、被相続人が所有していた建物や土地など不動産関連の財産の名義変更手続きのことを言います。
平たく言えば、これまでの持ち主がいなくなったため、新たな持ち主となる人へ名義を変更しておかなくてはならないということです。
なぜ相続登記が必要かということは、建物や土地を、もういなくなった人の名義のままにしておくことへの違和感からも理解できますが、実際問題として、土地や建物を売却すると決められるのは所有者であると法律によって定められていますので、所有者として法的に認められるためにも手続きが必要なのです。
被相続人から、土地や建物を相続したのが確かであったとしても、相続登記をして名義人を変更しておかなければ、正式にそれらの所有者であるということが認められません。
こうした事態になったときには、迅速に手続きを済ませておくことが、あとあと面倒な事態を引き起こさずに済むと言えます。