2013年6月アーカイブ

土地などの登記は、大抵世帯主の名義になっているわけで、それを相続するのは、その世帯主が無くなった時に相続登記する感じだと思います。
しかしうちはちょっと違いまして、うちの父は祖父が生きているうちにすべての土地・家屋などを生前贈与の形ですべて自力で登記したと言う事です。
そして私たちの代になり、待ち構えていたかのように私たちに生前贈与で登記することを持ちかけてきました。
なぜ生前贈与するのか・・・その理由はとにかくお金を掛けたくないと言う事のようです。
亡くなった時はすべての土地・家屋を一度に登記することになると思いますが、生前贈与であれば、その必要はありません。
そして細かく分け、期間を置いて登記すれば贈与税もかからないのです。
時間をかけて登記することによって最低限の出費で済むのです。
一度登記したことがありますが、全くわからないことを一から調べて書類を作ると言うのはかなりの時間と労力を費やします。
でも、とにかくお金をかけたくないのであれば、自分で書類を作って登記することをオススメします。

最愛の人が亡くなるって、これほどつらいことはないでしょう。
しかし、そうもいってられなくて、場合によっては様々な遺産相続があるからです。
色々な遺産相続があると思うのですが、一番厄介なのが土地の問題です。
これは古くから争いの火種になっていたもので、しっかりと決めておかないと、後々大変なことになるのですが、そこで重要なのが、相続登記をすることだと思うのです。
さてそれでは相続登記のメリットはいったいなんでしょうか?皆さんもご存知かもしれませんが、遺産問題は場合によっては揉めに揉めまして、最悪は骨肉の争いに発展しかねないからです。
しっかりと登記さえできていれば、こうしたトラブルが起こらなくなるからです。
勿論あくまで、権利が確定されることなので、ほかに相続権利者がいる場合はトラブルの元になりかねないので、しっかりとしたプロが仲介に来て、協議をすることが望ましいでしょう、皆さんもしっかりと相続をしていきましょう。