2013年5月アーカイブ

相続登記とは、相続をされる立場の人が亡くなり、相続が発生する時に所有していた土地や建物の名義を変更する手続きの事です。
土地などがない場合は問題ないでしょうが、いざ相続した土地を売却しようとした時に、自分の名義になっていないと色々と面倒が起こります。
まず、自分の土地ではない事になるので、誰かに土地を売ろうと思っても売れません。
相続した事が書類上でしっかりと確認できなければ、いけないわけです。
そのため、土地や建物の所有権をしっかりと移転登記をして、名義を相続した本人にしておくと後々面倒がなくなります。
これを怠ると、相続する人が複数いる場合に面倒な事が後々起こります。
相続登記などの手続きは、面倒な事も多いと思いますが、後々の面倒に比べたら微々たる物です。
手続きをする機会にしっかりとやってしまいましょう。
ほうっておくと忘れたり、仕事で忙しくなりなかなか出来ないものです。
今はネット上でも詳しく説明してくれるサイトもあります。
わからない事に関しては専門のスタッフに何でも聞くことです。
特に手続き関係は、相続登記に関わらず必要な公的書類が多いので、1回で済むように、必要なものはメモして、確認をしてから手続きに向かいましょう。

相続が発生し、亡くなった方が土地や家屋などを所有していた場合、遺産分割をして登記名義を変更する必要があります。
これを相続登記と言います。
相続登記には登記申請書のほか、遺産分割書や相続人全員の印鑑証明書、亡くなった方との関係が分かる戸籍謄本や住民票などの書類が必要になります。
また、登記手続きはその不動産が所在する法務局で行わなければなりません。
一緒に住んでいた自宅を相続するなど、直ぐに手続きできる場所にいればいいですが、たとえば、リゾートマンションや別荘を持っている、故郷に山林や畑を所有しているなどの場合は、その地域まで行って手続きを行う必要があります。
初めての事にも関わらず、そこまで行って書類が足りないと受け付けてもらえなかったりしたら大変ですね。
そこで、ここはやはり登記の専門家である司法書士に頼みましょう。
他人に代わって唯一登記手続きができるプロです。
遠くに出張してもらえば、手数料のほか、交通費などの実費が請求されますが、自分たちで交通費や手間をかけて行うよりはずっとスムーズで楽なはずです。