相続登記に必要なものは?

相続登記は自分でもできますが、一体どんなものが必要になるのでしょうか。
登記事項証明書代、それに戸籍、住民票、評価証明書などが必要になります。
それぞれに取得するに費用がかかりますし、それを法務局に届けるとなると法務局への交通費や郵便代がかかります。
それに登録免許税なんものも必要になります。
登録免許税は固定資産評価額から計算することができます。
固定資産評価額の1000分の4なんですが、計算しているところを見るだけで数字嫌いな私はもう無理という感じになります。
費用はかかりますが、弁護士や司法書士など専門家に依頼したほうが気が楽な気がします。
専門家に依頼した場合の費用は、相続人の人数や不動産の価値などで違ってきます。
それに、権利関係が複雑であればあるほど費用がかかります。
専門家であっても、最初からこの費用でできますということはあまり言えないそうです。
それでも後でトラブルにならないように、専門家に依頼したほうが安心なような気がします。

最近のブログ記事