相続登記って何?

相続登記とは土地や建物などといった不動産の所有者が相続によって変わった場合、新しく相続した所有者が登記することを言います。
ところで登記とは何なのか?と思う方も多いはずです。
基本的に法律では物の権利は権利者の意思表示によって移動するのが鉄則です。
しかし、相続では相続の権利があるものに権利は移動します。
その中でも不動産はそれ以外の動産に比べて、本当の所有者が分かりづらい場合が多いです。
それにより不動産の売買や受け渡しに支障が出ることがあります。
そういったことを防ぐためにあるのが登記という制度です。
不動産所有者は法務省の登記簿に登記をすることにより、その不動産は誰に権利があるかを誰にでも公示することができます。
この登記が力を発揮する場面が不動産の権利を主張するものが複数現れた時です。
登記に記帳されていればそういった主張の対抗要件になります。
また、売買や担保の際にも相手の信用を得ることができ、お互いに取ってスムーズな手続きが行えます。
しかし、不動産の登記は法律上必ず必要になるわけではありませんし、基本的に相続で得た不動産はその権利者に対して保証されています。
しかし、登記をしないと権利関係の問題が発生することもあります。
先ほどの誰に権利があるかという問題の他にも相続が何世代にもわると相続人が複数になったり、登記をする際に労力や費用がかかったりすることが考えられます。
こういったことから不動産を相続すれば相続登記をしたほうが安心です。

最近のブログ記事