登記事項証明書で権利関係を確認しましょう

遺言や遺産分割協議で誰が遺産相続をするかが決まったなら、相続登記をする前に、まず登記事項証明書を取得することをおすすめします。
登記事項証明書で何を確認するかというと、本当にその不動産が相続できるものかということです。
財産を残してくれたと思っていたのに、その不動産はすでに権利が他に移されていたなんてこともあります。
債務の返済や借財をするために、不動産が譲渡されていたなんてことは珍しいことではありません。
相続をする相続人にもそのことを伝えずに亡くなってしまった、そんなことも案外珍しいことではないんです。
だから、ちゃんと亡くなった故人が、その不動産の所有者かどうかを確認しないといけないというわけです。
もし確認しないままに相続登記をしたのに、申請が却下されたなんてことも起こってしまうわけです。
そうならないためにも事前の確認が必要です。
それに、相続登記をするために不動産の表示をちゃんと確認するためにも、登記事項証明書で確認することが必要になります。

最近のブログ記事