相続登記をするのは相続開始原因が起こった時です

相続登記をするのは相続開始原因が起こった時といっても、財産を持つ人が亡くなった場合だけとは限りません。
法律で定められたところによると、財産家などが他界した場合と、失踪宣告があるんです。
この、失踪宣告というのは、当人が行方不明となった時などに法律関係を確定出来るものとする、制度となります。
一般的には、行方が判らないだけでは親族の者であっても、勝手に財産などを処分してはならなくなってるんです。
ですから、利害関係のある人の申し立てによって失踪宣告がなされた場合のみ、行方が判らない人が死亡したものとされる、効果が発生します。
そして、失踪宣告というのは、普通失踪宣告・特別失踪宣告という、ふたつの種類へ分けられてるんです。
普通失踪宣告の場合は、当人の行方が判らない期間が7年以上となります。
また、特別失踪宣告では、船の遭難事故などへ遭った日から、1年が過ぎてる場合です。
この、ふたつの何れかが宣告されれば、相続が開始されるということとなるので、手続きが出来るようになります。

最近のブログ記事