相続登記をするのなら早めにするのをおすすめします

相続登記をする時期というのはいつでもかまわないそうです。
しかも、いついつまでに登記しなければ罰則があるというわけでもないんです。
そうすると、いつ登記をしようとそれは本人次第ということになります。
ただ、いつまでも登記をせずに先延ばしすることで、自分が得になることはまったく一つもありません。
それどころか思いもしないややこしいことになってしまう可能性もあります。
遺言や遺産分割協議で不動産を取得することが決まったのなら、早く登記を済ませておくことをおすすめします。
何もせずにそのままにしておくと、他の相続人が勝手に登記をしてしまう可能性もあります。
しかも勝手に登記をして売却したとしても、本来なら登記して不動産を取得するはずの相続人はなんの対抗手段もないんです。
登記を早めにしなかったばかりに、自分のものになるはずの不動産が自分のものにならなくなる可能性があるんです。
そんなことにならないように相続登記は早めにするのが吉です。

最近のブログ記事