まず誰が相続人かを調べることが必要です

相続登記をする前には、当然のことだと思いますが相続人が誰かを調べる必要があります。
家族がいるのだから、一緒に住んでいた家族が相続するのが当然だと思われるでしょうが、戸籍を調べてみて思わぬことが分かったなんてこともあります。
民法には法律で誰がどれだけ相続するかが決められていますが、その分け方というのが誰もが納得できるものではないこともあります。
ですから、戸籍で調べた事実をもとに話し合いをすることになります。
もちろん、遺言があれば遺言が優先されますが、遺産分割協議で違う分割方法にすることも可能です。
ですから、相続登記をするとしたら、その前にまず誰が相続人でどれだけ相続するのかを調べる必要があります。
調べたならそれで納得できるかどうかを相続人で話し合うわけです。
遺言があればその通りに相続するのが一般的ですが、それで納得でいない時は遺産分割協議で決められるわけです。
そうやって誰が相続人かそしてどれだけ相続するのかを決めてから、やっと相続登記をすることになります。

最近のブログ記事