相続人をみんなで決める遺産分割協議

相続登記をする時に、遺言はないけれど法定相続分通りにすると不都合だという時は、遺産分割協議をすることで相続をする順序や割合を自分たちで決めることができます。
民法では相続人の順序や相続する割合などが決められていますが、すでに遺贈を受けているとか特別な援助があったなど、法律で定められている通りの分け方をするのが納得できない場合もあるでしょう。
相続人全員が同意すれば遺産分割協議で相続登記をすることができます。
誰か一人でも反対すればできないことですが、全員が納得できる方法があったなら遺産分割協議で決めたほうがいいと思います。
もっとも遺言があるのなら、遺言は故人の最後の意思なわけですから尊重しなければなりません。
ただ相続人全員の同意があれば、遺言とは違う相続をすることも可能です。
その場合は、遺言執行者がいないことか、遺言執行者も遺産分割協議してくれる必要があります。
ですが、よほど不都合でない限り遺言を尊重したほうがいいと思います。

最近のブログ記事