相続登記に必要な戸籍集め

相続登記に必要な書類の一つに戸籍があるんですが、これが簡単かと思ったらなかなかどうして難しいものなんです。
相続をするのだから被相続人のことがわかる戸籍があればいいんじゃないか、普通はそう思うと思います。
ところが、相続登記をするには、被相続人の相続関係がすべてわからなければならないんです。
戸籍にはそのすべての相続関係が書かれているものだと思っていました。
結婚や転籍をした場合新たに戸籍が作られるんですが、その新しく作られた戸籍にはそれより前のことが書かれていないことがあるんです。
ですから被相続人の相続関係がすべてわからないと、相続ができないということになるんです。
この戸籍集めというのがなかなかの難問で、相続に必要な戸籍を集める専門のサービスまであるくらいです。
必要な戸籍が全部集まらないと、法務局では相続登記の申請をつけつけてくれないんです。
これは是が非でも戸籍を集めなければならないということになります。

最近のブログ記事